Skip to content

Weekly development report as of 2024-01-12

Weekly development report as of 2024-01-12

CORE TECHNOLOGY

This week, the core technology teams released node v.8.7.3, which addresses a minor fix in ouroboros-network. This release resolves an issue in the outbound-governor where, under rare but reproducible conditions, the governor could lose track of certain outbound connections, such as a local root or another node. Benchmarking reports relevant to v.8.7.2 release remain applicable to v.8.7.3 and can be found in this Cardano updates post.

The networking team worked on some issue analysis and the `tx-submission` decision logic.

Over the past two weeks, the consensus team resumed work on implementing the initialization and internals of the second iteration of the in-memory ledger database, and also on integrating the new ledger database API for UTXO-HD.

Additionally, the team simplified query versioning for downstream users, confirmed the cause of missed leadership checks due to ledger snapshots, and derived principles for the versioning/declaration of queries, since Conway complicates it. 

Finally, they unblocked the node team’s work on rollback-insensitive leadership schedule queries and drafted the (pre-Genesis) bootstrap state machine for bootstrap peers.  

As always, see this technical development report for more details from different teams.

WALLETS AND SERVICES 

This week, the Lace team released version 1.8, which resolves a bug with the signData method failing, provides stake pool rewards performance in a graph, and enables synchronization with other multi-address wallets. Read this blog post for more details. The team has now regrouped after the holidays and are working on new exciting features.

SMART CONTRACTS

This week, the Plutus tools team worked on performances to improve both the synchronization time and the memory footprint of Marconi to maintain the ledger state. At the same time, the team continued the effort of bundling Marconi with cardano-node to ease the indexation of ledger states and consensus events. They are now able to index ledger states using this solution, which is a huge milestone for the release of a queryable node using Marconi.

Finally, the team improved the tooling to compare the indexers with the indexation of DB Sync. 

The Plutus Core team merged two new primitives for bitwise operations: integerToByteString and byteStringToInteger. They will be made available in Plutus v3 after the Conway hard fork.

This week, the Marlowe team revised marlowe-plutus enhancements by publishing new asData validators and removing PlutusTx.asData for Action. They also embedded validators by replacing the usages of data files with template Haskell, added currentRange to the restClient#getContracts response for Marlowe TS-SDK integration tests, and created the theme for TS-SDK reference

Finally, the team queried volume benchmarking for Marlowe Runtime.

SCALING

Over the past couple of weeks, the Hydra team completed the implementation of the Conway support feature, fixed a minor bug that was hindering tests running on MacOS, and addressed a regression in the protocol-parameter formats used by the Hydra node. They also worked on off-chain code for incremental decommits, specifically focusing on transaction creation. Finally, they conducted a spike on implementing a chess game using Hydra, providing the experience report.

The Mithril team worked on implementing the client in the explorer to enable direct verification of certificates from the browser. They also addressed the configuration issue in the signer node service, which occasionally resulted in signers not registering their keys after a restart. Additionally, the team kept implementing a mock aggregator to strengthen Mithril client tests in WASM, continued working on threat modeling and risk analysis for P2P networking, and progressed with the devnet upgrade to support the Conway era. 

Finally, they worked on enhancing node communications between Mithril and Cardano and completed the upgrade of the Cardano node topology used in the Mithril networks' infrastructure.

VOLTAIRE & SANCHONET

Cardano’s momentum will continue requiring the community’s collective focus and participation this year, and the IOG Voltaire team will continue to contribute to the decentralized governance and decision making. The key moments in early 2024 will be the release of an interim constitution and technical guardrails for use during the Voltaire bootstrapping phase, laddering up to a constitutional convention later this year, where community-elected delegates will congregate and work together to pass a final version of the Cardano constitution to be ratified on-chain by the Cardano community.

Cardano’s core repositories have now been fully transitioned to Intersect’s stewardship. This marks a significant step toward decentralized governance. Explore the details of this crucial transition in Intersect’s recent blog post. If you are interested in joining any of the Intersect committees and working groups, you can reach out to the membership and community committee directly by emailing mcc@intersectmbo.org. If you are interested in learning more about Intersect membership, you can do so here.

SanchoNet continues to make good progress. It is now possible to use a testnet version of the Lace wallet, called Lace SanchoNet, to connect to the SanchoNet Voltaire GovTool and participate in Cardano governance features from CIP-1694 in a controlled testnet environment. Learn more here

CATALYST

This week, Project Catalyst held its first town hall of the year. The next meeting is scheduled for the following week and then every Wednesday thereafter, always at 5 PM UTC. You can register here

Fund11 is progressing through the community review stage, now entering the moderation part where experienced community members help cross-check the output of the reviews. Results of this stage should be known within two weeks. 

In other news, Catalyst voter registration for Fund11 ends on January 15, and the snapshot of the voting power will take place at 21:45 UTC on that date. If you already have a valid voter registration from Fund10 – and access to your existing QR/PIN code – then you are already registered. For more information, please reference the Catalyst GitBook here.  

EDUCATION

This week, the education team focused on planning activities for the year and publication options for Mastering Cardano.

コアテクノロジー

コアテクノロジーチームはノードv.8.7.3をリリースしました。これは、ouroboros-networkのマイナー修正に対応しています。本リリースでは、まれではあるが再現可能な条件下で、ガバナーがローカルルートや別のノードなどの特定のアウトバウンド接続を追跡できなくなる可能性があるoutbound-governorの問題が解決されています。v.8.7.2リリースに関連するベンチマークレポートは、v.8.7.3に引き続き適用され、こちらのCardano更新情報で確認できます。

ネットワーキングチームは、いくつかの問題を分析し、tx-submission決定ロジックに取り組みました。

過去2週間にわたり、コンセンサスチームは、インメモリー台帳データベース第2イテレーションの初期化と内容の実装、およびUTXO-HD用の新しい台帳データベースAPIの統合に関する作業を再開しました。

川下ユーザーのクエリバージョン管理を簡素化し、台帳スナップショットによるリーダーシップチェックの欠落の原因を確認し、Conwayで複雑化したクエリのバージョン管理宣言の原則を確認しました。ロールバックに影響されないリーダーシップスケジュールクエリの作業でノードチームのブロックを解除し、ブートストラップピアのための(Genesis以前の)ブートストラップステートマシンのドラフトを作成しました。  

通常通り、チーム別の詳細はこちらの技術開発レポートをご覧ください。

ウォレットとサービス 

Laceチームは新しいバージョン1.8をリリースしました。これには、signDataメソッドの失敗によるバグの解消、ステークプール報酬パフォーマンスのグラフ表示、他のマルチアドレスウォレットとの同期が含まれます。詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。年末年始の休暇を終え、チームはエキサイティングな新機能に取り組んでいます。

スマートコントラクト

Plutusツールチームは、Marconiの同期時間とメモリーフットプリントの両方を改善し、台帳ステータスを維持するためのパフォーマンスに取り組みました。MarconiにCardano-nodeをバンドルして、台帳ステータスとコンセンサスイベントのインデックス作成を容易にする努力を続けました。現在は、このソリューションを使用して台帳ステータスのインデックスを作成できるようになりました。これは、Marconiを使用したクエリ可能なノードをリリースするための重要な通過ポイントとなります。

DB Syncのインデックス化でインデクサーを比較するためのツールを改良しました。 

Plutus Coreチームは、ビット演算用の2つの新しいプリミティブintegerToByteStringとbyteStringToIntegerをマージしました。これはConwayハードフォークの後のPlutus v3で有効になります。

Marloweチームは、新しいasDataバリデーターを公開し、ActionのPlutusTx.asDataを削除することで、marlowe-plutusの拡張を修正しました。データファイルの使用方法をテンプレートHaskellに置き換えてバリデーターを埋め込み、Marlowe TS-SDK統合テストのresclient#getContractsレスポンスにcurrentRangeを追加し、TS-SDK参照用のテーマを作成しました。Marlowe Runtimeのボリュームベンチマークを照会しました。

スケーリング

Hydraチームは、この数週間で  Conwayサポート機能の実装を完了し、MacOS上でテストの実行を妨げていた軽微なバグを修正し、Hydraノードで使用されているプロトコルパラメーター形式の不具合に対処しました。インクリメンタルデコミットのためのオフチェーンコード、特にトランザクションの作成に焦点を当てて取り組みました。Hydraを使用したチェスゲームの実装でスパイクを実施し、経験レポートを提供しました。

Mithrilチームは、ブラウザーから証明書を直接検証できるように、エクスプローラーでクライアントを実装する作業に取り組みました。サイナーが再起動後に鍵を登録しないことがあるというサイナーノードサービスのコンフィグ問題にも対処しました。WASMでMithrilのクライアントテストを強化するための模擬アグリゲーターの実装、P2Pネットワーキングの脅威モデリングとリスク分析への取り組みを続け、Conway期をサポートするためのdevnetアップグレードを進めました。 

MithrilとCardano間のノード通信の強化に取り組み、Mithrilネットワークインフラで使用されているCardanoノードトポロジーのアップグレードを完了しました。

VOLTAIRE & SANCHONET

Cardanoの勢いは今年も引き続き、コミュニティ一丸となった注目、参加を必要としています。IOG Voltaireチームも引き続き、分散型のガバナンスおよび意思決定貢献していきます。2024年初頭の重要事項は、Voltaireのブートストラップ段階で使用する暫定憲法と技術ガードレールのリリースであり、今年後半には憲法制定会議に向けて準備が進められます。コミュニティで選出された代表者が集まり、Cardano憲法の最終版を可決したら、Cardanoコミュニティによる批准が求められます。

Cardanoのコアリポジトリは、Intersectの管理下に完全に移行されました。これは分散型ガバナンスへの重要な一歩となります。この重要な移行の詳細については、Intersectの最近のブログ記事をご覧ください。Intersect委員会やワーキンググループへの参加に興味がある場合は、mcc@intersectmbo.orgに電子メールを送信して、メンバーシップおよびコミュニティ委員会に直接問い合わせてください。Intersectメンバーシップの詳細については、こちらをご覧ください。

SanchoNetは順調に進歩しています。現在は、Lace SanchoNetと呼ばれるLaceウォレットのテストネットバージョンを使用して、SanchoNet Voltaire GovToolに接続し、制御されたテストネット環境でCIP-1694のCardanoガバナンス機能に参加できます。詳細はこちらをご覧ください。 

CATALYST

Project Catalystは今年最初のタウンホールを開催しました。次回のミーティングは来週予定されており、以降毎週水曜5時UTC(日本時間木曜午前2時)に開催されます。登録はこちらから行えます。 

Fund11はコミュニティレビューの段階にあり、経験豊富なコミュニティメンバーがレビュー結果をクロスチェックするモデレーションの段階に入っています。この段階の結果は2週間以内に告知されます。 

Fund11のCatalyst有権者登録は1月15日で終了し、議決権のスナップショットは同日21:45UTC(日本時間16日午前6:45)に実施されます。Fund10で有権者登録を行い、QR/PINコードにアクセスできる場合、登録は有効です。詳細は、Catalyst GitBookを参照してください。  

教育

教育チームは、年間の活動計画とMastering Cardanoの出版オプションに焦点を当てました。