Skip to content

Weekly development report as of 2024-01-26

Weekly development report as of 2024-01-26

CORE TECHNOLOGY

This week, the networking team worked on the integration of bootstrap peers with the Cardano node in an experimental branch and continued working on the tx-submission feature. They also collaborated with the CF on peer sharing improvements, compiled ouroboros-network packages with GHC-9.8, and modified the local-state-query mini-protocol to allow acquiring the immutable tip to get information not subject to rollbacks.

The consensus team continued working on Genesis and also on the second iteration of the ledger DB API for UTXO-HD. They incorporated further improvements to the onboarding documentation and wrote a document explaining the specifics of the chain orders.

As always, see this technical development report for more details from different teams.

SMART CONTRACTS

This week, the Marlowe team continued working on marlowe-cardano by adding the initial state to create commands and fixing some commands in various files. They also resolved a balancing issue when creating an open role-based contract in TS-SDK, added a linter check for role names and currency symbols in Marlowe Playground, and published Marlowe validators as reference scripts on mainnet.  

SCALING

The Hydra team made progress working on the release of version 0.15.0, addressed issues in smoke tests and website publishing workflows, ensured a more robust development environment, and included more ‘dogfooding’ through the use of Mithril to synchronize nodes in smoke tests. Finally, the team worked on polishing hydra-chess v.0.1.0 – an example application running on Hydra, which demonstrates the capabilities of the platform and can serve as a reference for future Hydra developers.

This week, the Mithril team released the initial version of the Mithril client NPM package, enabling developers to integrate core Mithril features into their web applications running in a browser. They also released a new 2403.1 distribution, which includes support for Cardano node v.8.7.3, a new chain observer based on the Pallas library, along with bug fixes and performance improvements.

The team kept implementing a new entity type for certifying the Cardano transactions set in Mithril networks and made good progress on retrieving transactions and combining them into a Mithril protocol message. Additionally, they finished implementing a mock aggregator in WASM and using it in the browser tests for the Mithril client, worked on enhancing node communications between Mithril and Cardano, and continued working on threat modeling and risk analysis for P2P networking.

Finally, the scaling teams held the monthly review meeting, including both Mithril and Hydra updates. 

VOLTAIRE & SANCHONET

Work is ongoing on Conway features implementation. This week, the consensus team integrated DReps and initial delegates injection, which will allow the performance and tracing team to run benchmarks for this era.

CATALYST

This week, Project Catalyst celebrates all the efforts of ecosystem participants with the start of the voting period. Fund11 voting started on January 25 at noon UTC and will be open until February 8, 11 AM UTC. Results are expected around February 15. If you are unsure how the voting works or need extra support - please reference the Catalyst GitBook page here.

The Catalyst team will also host a special AMA Twitter (X) space this Friday on January 26 at 4:30 PM UTC that you are warmly invited to. You can register for this event here. The topic will be centered around the Fund11 vote launch and more specifically also talking about the concept of Catalyst working groups introduced in this blog post.

In other news, the community also held its third town hall of the year. The next meeting is scheduled for the following week and then every Wednesday thereafter, always at 5 PM UTC. You can register here

EDUCATION

The education team are planning their Cardano Days events for the year and working on content for Mastering Cardano. They are also working on lessons 16 and 17 of the Haskell Bootcamp.

コアテクノロジー

ネットワーキングチームは、実験的なブランチでブートストラップピアとCardanoノードの統合に取り組み、tx-submission機能の開発を続けました。ピア共有の改良に関してCFと協力し、ouroboros-networkパッケージをGHC-9.8でコンパイルし、local-state-queryミニプロトコルを変更して、ロールバックの対象とならない情報を取得できるようにしました。

コンセンサスチームは、GenesisとUTXO-HD用の台帳DB APIの2番目のイテレーションに引き続き取り組んでいます。オンボーディングドキュメントをさらに改善し、チェーンの序列の詳細を説明するドキュメントを作成しました。

通常通り、チーム別の詳細はこちらの技術開発レポートをご覧ください。

スマートコントラクト

Marloweチームは引き続きmarlowe-cardanoの作業に取り組みました。コマンドを作成するための初期ステータスを追加し、さまざまなファイル内のコマンドを修正しました。また、TS-SDKでロールベースのオープンコントラクトを作成する際の残高の問題を解決し、Marlowe Playgroundでロール名と通貨記号のリンターチェックを追加し、メインネット上で参照スクリプトとしてMarloweバリデーターを公開しました。  

スケーリング

Hydraチームは、バージョン0.15.0のリリースに向けた作業を進め、スモークテストとウェブサイト公開ワークフローの問題に対処し、より堅牢な開発環境を確保し、スモークテストでノードを同期するためにMithrilを使用して、「ドッグフーディング」をさらに追加しました。Hydra上で実行されるサンプルアプリケーション、hydra-chess v.0.1.0を改良しました。これは、プラットフォームの機能を紹介するもので、将来のHydra開発者の参考になります。

Mithrilチームは、MithrilクライアントNPMパッケージの初期バージョンをリリースしました。これにより、開発者はMithrilのコア機能を、ブラウザーで実行されるウェブアプリケーションに統合できます。新しい2403.1ディストリビューションもリリースしました。このディストリビューションには、Pallasライブラリーをベースとした新しいチェーンオブザーバーであるCardanoノードv.8.7.3のサポート、バグ修正とパフォーマンスの改良が含まれています。

Mithrilネットワークで設定されたCardanoトランザクションを認証するための新しいエンティティタイプの実装を続け、トランザクションの取得とMithrilプロトコルメッセージへの結合を大きく進展させました。WASMの模擬アグリゲーターの実装を完了してMithrilクライアントのブラウザーテストに使用し、MithrilとCardano間のノード通信の強化に取り組み、P2Pネットワークの脅威モデリングとリスク分析への取り組みを続けました。

スケーリングチームはMithrilとHydraの両方の更新を含む月例レビュー会議を開催しました。 

VOLTAIRE & SANCHONET

Conway機能の実装作業は進行中です。コンセンサスチームはDRepと初期デリゲートインジェクションを統合しました。これにより、パフォーマンス&トレースチームはConway期のベンチマークを実行できます。

CATALYST

Project Catalystは、投票期間の開始とともに、エコシステム参加者のすべての努力を祝います。Fund11の投票は、日本時間1月25午後9時に開始され、2月8日午後8時に締め切られます。結果は2月15日頃を予定しています。投票がどのように機能するかわからない場合やサポートが必要な場合は、こちらのCatalyst Gitbookページを参照してください 。

Catalystチームは、日本時間今週土曜日、1月27午前1:30に、AMA Twitter(X)スペースをホストします。このイベントへの登録は、ここから行えます。トピックは、Fund11投票開始を中心に、特にブログ記事で紹介したCatalystワーキンググループの概念についても説明します。

コミュニティは、今年3回目のタウンホールを開催しました。次回のミーティングは来週予定されており、以降毎週水曜5時UTC(日本時間木曜午前2時)に開催されます。登録はこちらから行えます。 

教育

教育チームは、今年のCardano Daysイベントを計画し、Mastering Cardanoのコンテンツに取り組んでいます。Haskell Bootcampのレッスン16、17にも取り組んでいます。