Skip to content

Weekly development report as of 2024-03-01

Weekly development report as of 2024-03-01

CORE TECHNOLOGY

This week, the ledger team added reference script support for Plutus V1 in Conway. The team is now writing tests, improving tooling, and fixing Conway-related bugs. This development comes with significant bug fixes, particularly addressing inaccuracies in stake distribution for DReps and stake pools.

SMART CONTRACTS

The Plutus team began implementing the Plutus contract blueprint for Plutus Tx. In addition, the team updated the Plutus quick start guide, recommending that developers use the IOGX Nix flake template to set up their environment. 

SCALING

This week, the Hydra team resolved the fanout bug with an improved model-based test suite, transitioned to cardano-api v8.38, and initiated testing for cardano-node v8.8. The team also optimized fee estimation within the hydra-node internal wallet, resulting in a more cost-effective transaction mechanism, and implemented transaction metadata for clearer Hydra transaction identification.

The Mithril team announced the release of a new Mithril distribution 2408.0 incorporating several critical updates and enhancements, including:

  • improved support for stake distribution 

  • Mithril era markers retrieval in the Pallas chain observer

  • enhanced support for the Conway era and SanchoNet network

  • other critical bug fixes and performance improvements 

The team also introduced breaking changes to the Mithril client CLI, changing the log output from stdout to stderr in `v0.7.0`. The team continued working on data types to certify Cardano transactions, including completing browser verification support with the WASM client, enhancing the client CLI API, and introducing smoke tests

VOLTAIRE & SANCHONET

This week the SanchoNet team launched a patch release v8.8.1-pre for the Cardano node and fixed issues that prevented the BLS12-381 primitives in Plutus from working properly on some older x86 architectures. 

The GovTool is now online with limited wallet support as wallets start to upgrade to the new node version. You can find detailed documentation on the SanchoNet website.

CATALYST

This week, Project Catalyst is moving forward with onboarding 300 approved projects. Each Grantee is required to complete a series of steps within 60 days of the results announcement to begin their project journey. It is important to note that funding is not automatic and Grantees will also need to obtain an approved Statement of Milestones (SoM) from community Milestone Reviewers. The SoM serves as a public roadmap for Proof of Achievement (PoA).

This is an important community-led accountability program that is constantly improving. A big shout out to the proposers who are working hard on their SoMs, as well as the dedicated community members serving as Milestone Reviewers who facilitate the approval of these proposals. Let's not forget the Proof of Life verifiers who help monitor all grantees. If you're interested in checking out the overall progress statistics, take a look at this tweet

In other news, the Catalyst team, together with Rare Evo and Sustainable Ada are gearing up for a special voting event to determine where Fund12 is going to launch as a live event. One question, six choices. You’ll be choosing your picks soon. If you’d like to learn more about this, check out this Cardano Forum post here.

コアテクノロジー
台帳チームはConwayでPlutus V1用の参照スクリプトのサポートを追加しました。現在、テストの作成、ツールの改良、コンウェイ関連のバグの修正に取り組んでいます。この開発には、特にDRepとステークプールのステーク分布における不正確さに対処する、重要なバグ修正が含まれています。

スマートコントラクト

Plutusチームは、Plutus TxのPlutusコントラクトブループリントの実装を開始しました。環境設定にIOGX Nixフレークテンプレートを使用することを開発者に促すよう、Plutusのクイックスタートガイドを更新しました。 

スケーリング

Hydraチームは改良されたモデルベースのテストスイートでファンアウトのバグを解決し、cardano-api v8.38に移行し、cardano-node v8.8のテストを開始しました。hydra-node内部ウォレット内での手数料の見積もりを最適化し、費用対効果を向上させたトランザクションメカニズムを実現し、Hydraトランザクション識別を明確化するためにトランザクションメタデータを実装しました。

Mithrilチームは、次の重要な更新と拡張を含む、新しいMithrilディストリビューション2408.0のリリースを発表しました。

  • ステーク分布サポートの向上 

  • PallasチェーンオブザーバーでのMithril期マーカーの検索

  • Conway期とSanchoNetネットワークのサポートの強化

  • その他の重要なバグ修正とパフォーマンスの向上 

MithrilクライアントのCLIに、v0.7.0でログ出力をstdoutからstderrに変更する破壊的変更を導入しました。WASMクライアントでのブラウザー検証サポートの完了、クライアントCLI APIの強化、スモークテストの導入など、Cardanoトランザクションを認証するためのデータタイプへの取り組みを続けました。 

VOLTAIRE & SANCHONET

SanchoNetチームはCardanoノードのパッチリリースv8.8.1-preをリリースし、PlutusのBLS12-381プリミティブが一部の古いx86アーキテクチャーで正常に動作しない問題を修正しました。 

GovToolはオンラインになりましたが、ウォレットが新しいノードバージョンへのアップグレードを開始するため、ウォレットサポートは限定されています。詳細はSanchoNetサイトのドキュメントを参照してください。

CATALYST

Project Catalystは、承認された300のプロジェクトがオンボーディングを進めています。資金提供を受ける提案者は、結果発表から60日以内に一連の手順を完了して、プロジェクトを開始する必要があります。資金調達は自動的ではなく、承認されたマイルストン報告書(SoM)をコミュニティのマイルストンレビュー担当者から取得する必要があることを忘れてはいけません。SoMは、成果証明(PoA)のための公開ロードマップとして機能します。

これは、重要なコミュニティ主導の説明責任プログラムであり、改良が続けられています。SoMに取り組んでいる提案者、およびこうした提案の承認を進めるマイルストンレビュー担当者を務める献身的なコミュニティメンバーに大きなエールを送ります。そしてもちろん、資金調達を受けたすべてのプロジェクトの監視をサポートするPoL(Proof of Life:ライフ証明)の検証者も忘れないでください。全体的な進捗状況の統計に興味がある場合は、このツイートをチェックしてください。  

レアEVOとSustainable Adaとともに、Fund12がライブイベントとしてどこに立ち上げるかを決定するための特別な投票イベントの準備も進んでいます。1つの質問に6つの選択肢。まもなく選ぶ機会がやってきます。詳細は、こちらのCardanoフォーラムの投稿をご覧ください。