Skip to content

Weekly development report as of 2024-05-10

Weekly development report as of 2024-05-10

CORE TECHNOLOGY

The performance and tracing team analyzed benchmarks for the Conway era with DReps injected, traced DRep data, and improved error reporting in the tx-generator. They fully supported the new CLI create-testnet-data command and injected DRep into the Conway genesis. 

The team expanded the node metrics by including build information and block producer roles. They aimed to harmonize metrics naming for consistency. Furthermore, they finalized the analysis and reports for benchmarks targeting UTXO scaling scenarios. Lastly, the team performed multiple runs benchmarking the LMDB (on-disk) backend of UTXO-HD.

This week, the networking team worked on several key areas:

  • peer-sharing improvements: the team improved peer sharing by restructuring light peer sharing and merging the work on outbound governor counters. Now, sending more peers than requested by the peer-sharing client causes a protocol error that terminates the connection. The team also refactored the inbound governor loop to keep the internal state pure and expose the public part to other components. For more details, see (commit: 1, 2, 3, 4,). These changes will be released in cardano-node-8.9.3.

  • Genesis: the team developed APIs required by the consensus layer for Genesis (commit: 1, 2) and continued working on outbound governor changes to support this feature (commit: 1, 2, 3).

  • bootstrap peers: CF identified and resolved issues related to big-ledger and public root peers.

  • churn: the team synchronized churn with the outbound governor to ensure stability and efficiency in peer connections.

SMART CONTRACTS

This week, the Plutus team improved the fixed point operator implementation, making UPLC programs compiled from Plutus Tx and PIR more efficient.

SCALING

This week, the Hydra team refactored and detected network protocol version mismatches. They merged the changes to the /commit endpoint, including a follow-up fix for fee calculation. Additionally, they made minor workflow fixes by adding Docker images to Nix checks and disabling Mithril integration testing on preview until Mithril v.2418 is released.

VOLTAIRE & SANCHONET

Over the past two weeks, the ledger team finalized key features for the Conway era. They have successfully implemented the bootstrap phase and the HardForkInitiation governance action, which will transition to the post-Conway era. Moreover, they have extended DRep stake distribution to include rewards accounts and deposits left for governance proposals. The team also updated the CostModels for Plutus scripts, which increases flexibility for adding new primitives starting from the Conway era.

Additionally, the team has developed new testing functionalities, including the first conformance test for a GOV rule and improvements to constraint-based generator functionalities. They have made significant improvements to the continuous integration (CI) setup, making it easier to identify failing tests and handle potential flakiness.

CATALYST

Fund12 is well underway. Submissions are rolling in from all corners of the world across many varied domains. Remember, the general submission deadline for general categories is fast approaching, May 13 at 11am UTC. All existing public submissions will have until May 16 11am UTC to be finalized. Keep an eye on moderator feedback that some of you may receive, as it will help you align your submission with the correct categories. As a highlight, 'Cardano Partners' has an extended submission deadline (11am on June 6). Keep an eye out for the timeline and further updates via the website or follow Catalyst on X

EDUCATION

This week, the education team prepared content and held onboarding calls for the launch of the DRep Pioneer Program. They also published the 19th lesson of the Haskell Bootcamp. Additionally, work is ongoing on Mastering Cardano.

コアテクノロジー

パフォーマンス&トレースチームは、DRepを注入したConway期のベンチマークを分析し、DRepデータをトレースし、tx-generatorでエラー報告を改善しました。CLIの新コマンドcreate-testnet-dataをフルサポートし、ConwayジェネシスにDRepを注入しました。 

ノードメトリクスを拡張してビルド情報とブロックプロデューサーの役割を含めました。メトリクスの名前に一貫性を持たせるべく調整しました。UTXOスケーリングシナリオを対象としたベンチマークの分析とレポートを完成させました。UTXO-HDのLMDB(ディスク上)バックエンドのベンチマークを複数回実行しました。

ネットワークチームは複数の主要分野に取り組みました。

  • **ピア共有の改良:**ライトピア共有を再構築し、アウトバウンドガバナーカウンターの作業をマージすることで、ピア共有を改良しました。ピア共有クライアントが要求した数よりも多くのピアを送信するとプロトコルエラーとなり、接続が切断されます。内部ステータスを純粋に保ち、パブリック部分を他のコンポーネントに公開するために、インバウンドガバナーループをリファクタリングしました。詳細は、コミット:1234を参照してください。これらの変更はcardano-node-8.9.3でリリースされます。

  • **Genesis:**Genesisのコンセンサス層に必要なAPI(コミット:12)を開発し、この機能をサポートするためのアウトバウンドガバナーの変更(コミット:123)への取り組みを続けました。

  • ブートストラップピア:CFは、big-ledgerとパブリックルートピアに関連する問題を特定し、解決しました。

  • **チャーン:**ピア接続の安定性と効率を確保するために、アウトバウンドガバナーとチャーンを同期させました。

スマートコントラクト

Plutusチームは、不動点オペレーターの実装を改良し、Plutus TxとPIRからコンパイルしたUPLCプログラムを効率化しました。

スケーリング

Hydraチームは、ネットワークプロトコルバージョンの不一致をリファクタリングし、検出しました。料金計算のフォローアップ修正を含む、/commitエンドポイントへの変更をマージしました。Nix ChecksにDockerイメージを追加し、Mithril v.2418がリリースされるまでプレビューのMithril統合テストを無効にして、ワークフローを微修正しました。

VOLTAIRE & SANCHONET

過去2週間にわたって、 台帳チームはConway期の主要な機能を完成させました。ブートストラップフェーズとHardForkInitiationガバナンスアクションの実装に成功したことで、今後はポストConway期に移行します。ガバナンス提案のために残された報酬アカウントやデポジットを含めるように、DRepのステーク分配を拡張しました。Plutusスクリプト用のCostModelsを更新し、Conway期から始まる新プリミティブを追加しやすくしました。

GOVルールの最初の適合性テストや制約ベースのジェネレーター機能の改善など、新しいテスト機能を開発しました。継続的統合(CI)の設定を大幅に改良し、失敗したテストの特定、潜在的な脆弱性の処理を簡易化しました。

CATALYST

Fund12は順調に進んでいます。世界各地からさまざまな分野にわたり提案が提出されています。一般カテゴリーの提出期限は日本時間5月13日20時。もうまもなくです。公開されている既存の提案はすべて、日本時間16日20時までに最終案に仕上げることになっています。モデレーターからフィードバックを得られる場合があるので、注意してください。正しいカテゴリーに適合させるために役立ちます。Cardano Partnersについては提出期限が延長されています(日本時間6月6日20時)。タイムラインや今後の更新情報は、ウェブサイトを確認するか、XのCatalystアカウントをフォローしてください。 

教育

教育チームは、DRepパイオニアプログラムの開始に向けてコンテンツを準備し、オンボーディングコールを開催しました。Haskell Bootcampのレッスン19も公開しました。Mastering Cardanoに関する作業も進行中です。